聖霊降臨のイコン

諸聖人の祝日に向けて

Par Origenius

15 octobre 2015

11月1日は諸聖人のお祝い日です。私達のテーマでもあります。典礼聖歌390番キリストの様に考え、キリストの様に話し、キリストの様に行い、キリストの様に愛そう、もはやこの身に生きることなく、キリストによって生きるために…

私達は、物事をキリストの様に見ることが出来たら幸いです。私達は、諸聖人をキリストの様に見たらどう考えたらよいでしょう。教会の中には、特別な聖人聖マリア・ヨハネ・ペトロ・パウロ・教会の教父・本当の信仰を持ち福音的な生活を送ってきた名もなき(又は私達の知らない)聖人、もおります。教会は、諸聖人を模範とした生活をするように招いていますので、私達は彼らを有名でなくても受け入れる事が出来ます。ですからすべての聖人のお祝い日です。

聖人は、キリストと結ばれ復活の恵みを受け救われた事を知っています。神はすべての人を救ってくれたのです。神に感謝します。

11月1日(諸聖人)年間第31主日のごミサ第1朗読・ヨハネの黙示(1000×12×12神の愛で救われたすべての人)第2朗読・使徒ヨハネの手紙(愛を優先し隣人を大切にする人)マタイによる福音(心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人のものである。)互いに許し合い・神の業を行い・神の愛を信じ生活し亡くなった人々、私達を含め聖人となり神の神秘を受けます。神に感謝しお祝いすることは基本的な事です。

P.S.

1000×12×12について
1000の意味はすべての人のことです。12×12は部族と使徒を表します。

Où suis-je ? Et cum Spiritu tuoAinsi va la vie ! 諸聖人の祝日に向けて

Notre conversation

© Copyright・Origenius・2006~2019