裁きの理解を新しくする

Par Origenius

2 décembre 2016

待降節はイエス様が来る日を待ち望む期間です。

心を準備してキリストを迎えます。クリスマスですから私達は喜びで救い主を迎え、クリスマスについて考えます。クリスマスの日赤ちゃんを迎えるのは、平和・優しさ・愛のお祝いで私達は、憐れみ深い神の愛で,いつくしみ深く喜びの内に招かれ救われるのです。

私達は再臨するキリストを待ち望みません。イメージとして世を裁く恐ろしい裁判官のように思います。

私たちにとって神の裁きはなんでしょう。

神の愛によって救われることです。新たな考えを持ち神の恵みにより、愛・平安・喜び・慈しみで私達は、考えかたを新しくしたら如何でしょうか。神の御国の喜びを受け、神の愛によって永遠に私たちを生かしてくださいます。私達はそれを待ち望んでいます。

それは回心することだと思います。

Où suis-je ? Et cum Spiritu tuoAinsi va la vie ! 裁きの理解を新しくする

Notre conversation

© Copyright・Origenius・2006~2019